日阪製作所とは?その特徴は? - アルファラバルは安定した研究開発投資が特徴

日阪製作所とは?その特徴は?

大阪市北区曾根崎に本社を置いている日阪製作所は、1941年に創業された産業機械の製造販売を行っている老舗のメーカーであり、プレート式熱交換器や調理殺菌装置、滅菌装置や染色仕上げ機械、ボールバルブなどを取り扱っている専門のメーカです。

日阪製作所は衣食住や医療、エネルギーなどのあらゆる産業分野で活躍している企業であり、その中でもプレート式熱交換器と染色機械において国内トップのシェアを誇っているのです。

日阪の補足説明を致します。

日阪製作所は常に日本初や世界初の製品を生み出している製造メーカーであり、世界中のクライアントに信頼性の高い商品を提供し続けています。
社訓を「誠心(まごころ)」としており、クライアントの期待を越える価値を提供し続ける為に持続可能な社会の実現に貢献することを目指しているのです。



様々な産業分野で活躍している日阪製作所が国内シェアトップを誇っている熱交換器事業においては、あらゆる産業の家庭において必要不可欠である液体の加熱や冷却を行うプレート式熱交換器の製造や販売を行っています。



これらの事業を通じてクライアントのプラントや設備の省エネや省スペース、高効率運転の実現に貢献している意義のある事業なのです。
日阪製作所が行っているプロセスエンジニアリング事業は、日常生活に欠かせない各種食品や医薬品の生産を支える事業を行っています。殺菌や滅菌機、染色機の製造や販売を通じて「衣食住医」と人々の生活には欠かせない分野で快適な暮らしを実現するための事業にも力を入れているのです。